5年で34.5万人受け入れ

新たな在留資格を創設した改正出入国管理法が4月に施行され、人手不足が深刻な業種で単純労働での外国人材活用に門戸が開かれた。政府は2019年度から5年間で最大34万5000人の受け入...

日本経済新聞 - 2019年05月23日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする