特定技能で初の合格者 外食業347人

外国人の受け入れ拡大で創設された在留資格「特定技能」を巡り、外食業の技能試験の結果が21日発表され、347人が合格した。合計460人が受験しており、合格率は75.4%だった。多くは...

日本経済新聞 - 2019年05月23日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする