解禁1年 民泊のいま(上) 五輪需要の受け皿 遠く シェア1.5% 伸び悩む

空き家・空き室での宿泊サービスを認める住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されてから、まもなく1年がたつ。インバウンド(訪日外国人)の宿泊需要が高い首都圏でも新法に基づく民泊の利用は低...

日本経済新聞 - 2019年06月13日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする