外国人材採用へ中小300社支援 20年度から政府、労務管理・マッチングで

政府は2020年度に中堅・中小企業が外国人材を採用しやすくなる新しい枠組みをつくる。全国の300社を対象に、外国人材の労務管理のノウハウを指南するほか、在留資格の取得など法務面の手...

日本経済新聞 - 2019年06月17日(月)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (1)

この話題にコメントする

  • 細井 聡

    大江戸国際行政書士事務所

    中小企業が外国人を雇用するときのハードルは、実は企業自身にあります。空気を読める人材が優秀であるとう考え方を改めないと、なかなか優秀な人材は集まらないと思います。少し日本語が話せると、日本人と同じようにコミュニケーションがとれると思う感性も問題です。
    労務管理の問題よりも、今いる社員、経営者の認識を変えることが大事なのですが、、

    2019年06月18日(火) 10:22