社長かたりビザ 実は不法就労 ダミー会社設立 ブローカー暗躍

会社の「社長」として滞在させ、不法就労させる――。警視庁は30日までに、企業経営に関わる外国人向けの「経営・管理」ビザ(在留資格)を不正に取得させたとして、ブローカーや税理士ら男女...

日本経済新聞 - 2019年08月01日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (1)

この話題にコメントする

  • 細井 聡

    大江戸国際行政書士法人

    経営管理の取扱量の多い、当事務所としては、経営管理がとりわけ優しいというのは、同意しかねるのですが、悪意をもってやればなんでもできるというのは事実でしょう。同住所で50件の起業というくだりは、入管がそれに気がつかないとは考えずらいので、何かほかの情報がありそうな気がします。
    今回は税理士逮捕ですが、入管法という法律は罰則がかなり厳しい法律なので、うっかり手助けなどするとやけどをします。注意が必要です。

    2019年08月02日(金) 12:08