海外子会社の配当巡る税務処理 高裁、国税の処分取り消し 親会社の選択肢広がる

海外で稼ぐ子会社が増えるなか、日本の親会社の税務管理が難しくなっている。国際興業管理(旧国際興業)が米国子会社から受け取った配当の税務処理を巡り、国税当局の更正処分の取り消しを求め...

日本経済新聞 - 2019年08月05日(月)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする