民事裁判の半年審理、IT化前提 訴状や準備書面 ウェブ提出を義務付け

最高裁などが参加する研究会は民事裁判の審理を半年以内で終える新制度の導入で、訴訟の迅速化を目指す。新制度は裁判のIT(情報技術)化を前提にしており、訴状や裁判関係の書類のウェブ提出...

日本経済新聞 - 2019年09月05日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする