「学校弁護士」300人配置へ 文科省 いじめや虐待、専門に対応

学校現場でのいじめや虐待に対応するため、文部科学省が「スクールロイヤー」と呼ばれる専門の弁護士を全国に約300人配置する方針を固めたことが23日、分かった。各地の教育事務所などに拠...

日本経済新聞 - 2019年09月24日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする