在留資格乱立 戸惑う現場 新たに「特定技能」「特定活動」 雇用ミスマッチ相次ぐ

少子高齢化が進み、深刻な人手不足に悩まされる日本。貴重な働き手として外国人労働者も増え続け、2018年には146万人に達した。外国人が日本にとどまって働くには、必要な条件や活動範囲...

日本経済新聞 - 2019年10月07日(月)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする