中小企業 勝ち抜く条件 迫られる変化(中) 無理な注文は取らない 残業抑制し労働環境改善 人材確保へ知恵絞る

2019年4月施行の働き方改革関連法で、1カ月45時間、年360時間を上限とする残業規制は、中小企業には1年遅れの20年4月に適用となる。各社は、残業だけでなく休日も含めた労働環境...

日本経済新聞 - 2019年11月14日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする