特許庁でも審査に活用

特許や商標の出願を受け、審査する側の特許庁でも業務にAIを活用し始めている。出願件数が増え、審査官が参照しなければいけないデータが膨大になっているためだ。AIの活用で業務を効率化し...

日本経済新聞 - 2019年12月24日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする