働くシニアの年金減額、22年4月から縮小 制度改正、就労を後押し

高齢者が働くことを後押しする環境づくりが進む。厚生労働省は60~64歳で満額の年金を受け取る人を増やす制度改正を2022年4月に実施する方針だ。4日には70歳までの就業機会の確保を...

日本経済新聞 - 2020年02月06日(木)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする