規模に応じ給付額に差

中小企業や個人事業主に最大100万~200万円を給付する「持続化給付金」の水準では不十分だ。休業による損失補填としてだけでなく、感染拡大防止の実効性を高めるためにも足りない。 売...

日本経済新聞 - 2020年05月12日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする