SNS中傷対策 年内に

保存 共有その他 政府・与党はSNS(交流サイト)で相次ぐ匿名の発信者による誹謗(ひぼう)中傷への対策を検討する。被害者が裁判なしでプロバイダー(接続事業者)から発信者情報を得や...

日本経済新聞 - 2020年06月02日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする