労働法制適用が課題に

フリーランスは自由な働き方から雇用に近い形まで、濃淡が幅広い。実質的に雇用に近い場合は、最低賃金などの労働関係法令が適用されるとの裁判例もあるが、その境界は曖昧さが残る。企業側が雇...

日本経済新聞 - 2020年10月26日(月)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする