仮想空間 遅れる法整備 著作権や所有権での摩擦懸念

ゲームや広告に拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を使う際のルール整備が遅れている。仮想空間に現実を再現する際の著作権や所有権の扱いなどが、現行法で想定されていないためだ。ARやVR...

日本経済新聞 - 2020年11月16日(月)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする