「映り込み」で一歩前進

AR・VR技術の急速な普及に対し、法整備の動きは緒に就いたばかりだ。著作権法では新たに制作する映像に別の著作物が映り込む場合、写真撮影と録画・録音以外は著作権者の許諾が必要だった。...

日本経済新聞 - 2020年11月16日(月)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする