〈国費解剖〉畜産基金、支給遅れ常態化 薄れるTPP対策の意義

環太平洋経済連携協定(TPP)対策として、2015年度につくった畜産農家の経営効率化を促す国の基金が膨張している。柱の農機リース補助事業で、支援内定数のうち支給まで2年以上かかる割...

日本経済新聞 - 2021年10月13日(水)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする