IoTの特許料 誰が負担 データ事業者の「ただ乗り」けん制 特許庁、ルール見直しへ

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及を見据え、特許のルールを見直す議論が始まった。現在はモノの製造段階で特許使用料を回収するのが原則で、特許技術から派生したデータビジネス...

日本経済新聞 - 2021年10月18日(月)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする