企業の租税回避策 国際ルール強化で下火に

タックスヘイブン(租税回避地)と呼ばれる低税率国に利益を移す企業の節税策が転機を迎えている。従来は米国の大企業などが収益の多くをバミューダといった低税率国に集約。税負担の極端な圧縮...

日本経済新聞 - 2021年12月06日(月)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする