育休給付の資金、25年度に不足も

雇用保険の柱の一つである育児休業給付の財源が2025年度にも不足する恐れが出ている。少子化対策の一環として制度の拡充が相次ぎ、受給者も増加の一途をたどっているためだ。雇用保険から切...

日本経済新聞 - 2022年01月25日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする