「誰が休んでも大丈夫」に パパの育休元年、組織も変わる

育児・介護休業法の改正に伴い4月以降、男性の育休取得が企業に強く求められるようになる。休業中の社員の業務を誰が担うか。今後は介護や自身の病気などで休む人も増えることが予想される。こ...

日本経済新聞 - 2022年02月07日(月)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする