国際経済の新秩序(6) 重要性増すサービスと知的財産

関税貿易一般協定(GATT)は1948年の発効以来、物品貿易が規律の対象でした。しかし、国際経済でサービスや知的財産の重要性が高まっています。世界貿易機関(WTO)協定では規律の対...

日本経済新聞 - 2022年02月08日(火)

記事の続きを読む

専門家からのコメント (0)

この話題にコメントする