離婚は年末調整の計算上、「寡婦(夫)控除」で所得税がお得になる!
税務・財務


この記事の目次

年末調整の控除には「人的控除」と「物的控除」がある


お勤めをされている方の多くは、年末に勤め先に年末調整という所得税の1年間の清算を行ってもらうことが出来ます。年末調整では所得税を減らす効果のある多くの控除を受けられるものがあり、大きく分けて「人的控除」と「物的控除」に分かれます。

人的控除とは給与を貰っている方本人や扶養家族の状況により受けられる控除、物的控除とは生命保険料や住宅ローンのように支払いを行うことで受けられる控除のことです。

離婚した場合は「寡婦(夫)控除」が適用されます


この人的控除の中に、「寡婦(夫)控除」というものがあり、離婚をしていることで多くの控除を受けられる、つまり所得税を大きく減らすことが出来ます。寡婦(夫)控除に該当するためにはいくつか条件があります。

まず、離婚していることが大前提です。この離婚とは民法上の婚姻関係があった人に対する離婚です。俗にいう事実婚や愛人といった人とお別れした、というようなことでは利用の出来ない制度ですのでご注意ください。
寡婦(夫)控除は自身が男性なら寡夫控除、女性なら寡婦控除が適用され、寡婦控除のみ「一般の寡婦」と「特別の寡婦」という控除金額の違う寡婦の種類があります。

男性の離婚「寡夫控除」の条件


男性が寡夫控除を受けるには下記の全てに当てはまることが条件となります。

①合計所得金額が500万円以下であること
②妻と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていない人、又は妻の生死が明らかでない一定の人であること
③生計を一にする子がいること

要するに、「離婚して子どもを養っている人」が該当します。
「寡夫控除」が受けることが出来ると、控除金額は27万円であり、人的控除は誰もが受けられる基礎控除の38万円に加算されます。この「寡夫控除」を受ける人が年末調整を受ける給与所得者の場合、基礎控除38万円+寡夫控除27万円+給与所得控除65万円の控除金額を使えますので、給与収入が130万円までなら所得税を0円にすることが出来ます。

女性の離婚「寡婦控除」の条件


女性が寡婦控除を受けるには以下のどちらかに当てはまることが条件となります。

①夫と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人であり、生計を一にする子がいること
②夫と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人であり、合計所得金額が500万円以下であること

上記の通り、男性よりも条件が緩和されています。
女性の場合は①と②のどちらかに当てはまる場合を「一般の寡婦」、①と②の両方に当てはまると、「特別の寡婦」といいます。

「特別の寡婦」は「一般の寡婦」よりも控除金額の大きい控除を受けることが出来ます。
「一般の寡婦」は上記の「寡夫控除」と同様に、控除金額は27万円で、給与収入が130万円までなら所得税が0円にすることが出来ます。
対して「特別の寡婦」は控除金額が35万円です。①と②の両方に当てはまるという条件ですので、必然的に控除金額は上がります。
そのため給与収入が138万円までなら所得税を0円にすることが出来ます。

まとめ


これらの「寡婦(夫)控除」は、生活上のハンディキャップに着目して税負担の軽減を目的に作られたものです。男性より女性の方が明らかに優遇されている制度で、女性の人で離婚されている人は、幅広く利用が出来る控除でしょう。

この「寡婦(夫)控除」は勤め先の年末調整作業者が家庭状況を把握していれば何も申告せずとも行ってくれるかもしれませんが、年末調整作業は扶養控除申告書の情報を基にして行う作業です。扶養控除申告書の記載欄にご自身でしっかりと寡婦(夫)の状況を反映させた情報を載せると、年末調整での大きな控除が受けることが出来るでしょう。

また年末調整時に「寡婦(夫)」の状況を申告できなかった人も、確定申告で同様の控除を受けることが出来ますので、所得税で損をしないようにしたいところです。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。