困った時はチェック!印紙税の内容と金額一覧
税務・財務


この記事の目次

印紙税とは?

印紙税は文書に収入印紙を貼付け、消印を行うことにより納付を行う税金です。印紙税が課税される文書は定められており、その文書の作成をした人が納付を行います。
身近な例を挙げると、店舗で高額な買い物をした際に収入印紙が貼り付けられた領収書を受取ることがあるかと思います。この領収書は下記の第十七号文書に該当し、その領収書金額が5万円を超える場合に、領収書を発行した店舗に印紙税の義務が発生します。よって5万円を超える買い物をした場合、購入者は収入印紙の貼付けられた領収書を受取ることになります。

領収書のみならず課税される文書とは二十種類のものがあり、その文書の内容でどれに該当するかを判断します。これらの文書の種類と各税額を一覧でご紹介致します。

課税される文書一覧

第一号文書契約金額印紙税額
・不動産、鉱業権、無体財産権、船舶若しくは航空機又は営業の譲渡に関する契約書

・地上権又は土地の賃借権の設定又は譲渡に関する契約書

・消費貸借に関する契約書

・運送に関する契約書(用船契約書を含む)

1万円未満0円
1万円以上10万円以下200円
10万円を超え50万円以下 400円
50万円を超え100万円以下1,000円
100万円を超え500万円以下2,000円
500万円を超え1千万円以下1万円
1千万円を超え5千万円以下2万円
5千万円を超え1億円以下6万円
1億円を超え5億円以下10万円
5億万円を超え10億円以下20万円
10億円を超え50億円以下40万円
50億円を超えるもの60万円
契約金額の記載のないもの200円
第二号文書契約金額印紙税額
・請負に関する契約書 1万円未満0円
1万円以上100万円以下200円
100万円を超え200万円以下400円
200万円を超え300万円以下1,000円
300万円を超え500万円以下2,000円
500万円を超え1千万円以下1万円
1千万円を超え5千万円以下2万円
5千万円を超え1億円以下6万円
1億円を超え5億円以下10万円
5億万円を超え10億円以下20万円
10億円を超え50億円以下40万円
50億円を超えるもの60万円
契約金額の記載のないもの200円
第三号文書手形金額印紙税額
・約束手形又は為替手形10万円未満0円
10万円以上100万円以下200円
100万円を超え200万円以下400円
200万円を超え300万円以下600円
300万円を超え500万円以下1,000円
500万円を超え1千万円以下2,000円
1千万円を超え2千万円以下4,000円
2千万円を超え3千万円以下6,000円
3千万円を超え5千万円以下1万円
5千万円を超え1億円以下2万円
1億円を超え2億円以下4万円
2億円を超え3億円以下6万円
3億円を超え5億円以下10万円
5億円を超え10億円以下15万円
10億円を超えるもの20万円
・約束手形又は為替手形のうち下記に該当するもの

・一覧払いのもの

・金融機関相互間のもの

・外国通貨で金額を表示したもの

・非居住者円表示のもの

・円建銀行引受手形表示のもの
10万円未満0円
10万円以上200円
第四号文書券面金額印紙税額
・株券、出資証券若しくは社債券又は投資信託、貸付信託、特定目的信託、若しくは受益証券発行信託の受益証券 500万円以下200円
500万円を超え1千万円以下1,000円
1千万円を超え5千万円以下2,000円
5千万円を超え1億円以下1万円
1億円を超えるもの2万円
第五号文書印紙税額
・合併契約書又は吸収分割契約書若しくは新設分割計画書4万円
第六号文書印紙税額
・定款4万円
第七号文書印紙税額
・継続的取引の基本となる契約書4,000円
第八号文書印紙税額
・預金証書、貯金証書200円
第九号文書印紙税額
・貨物引換証、倉庫証券、船荷証券200円
第十号文書印紙税額
・保険証券200円
第十一号文書印紙税額
・信用状200円
第十二号文書印紙税額
・信託行為に関する契約書200円
第十三号文書印紙税額
・債務の保証に関する契約書200円
第十四号文書印紙税額
・金銭又は有価証券の寄託に関する契約書 200円
第十五号文書契約金額印紙税額
・債権譲渡又は債務引受けに関する契約書1万円未満0円
1万円以上200円
契約金額の記載がないもの200円
第十六号文書配当金額印紙税額
・配当金領収証、配当金振込通知書3,000円未満0円
3,000円以上200円
契約金額の記載がないもの200円
第十七号文書受取金額印紙税額
・売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書5万円未満0円
5万円以上100万円以下200円
100万円を超え200万円以下400円
200万円を超え300万円以下600円
300万円を超え500万円以下1,000円
500万円を超え1千万円以下2,000円
1千万円を超え2千万円以下4,000円
2千万円を超え3千万円以下6,000円
3千万円を超え5千万円以下1万円
5千万円を超え1億円以下2万円
1億円を超え2億円以下4万円
2億円を超え3億円以下6万円
3億円を超え5億円以下10万円
5億円を超え10億円以下15万円
10億円を超えるもの20万円
受取金額の記載のないもの200円
・売上代金以外の金銭又は有価証券の受取書5万円未満0円
5万円以上200円
受取金額の記載がないもの200円
第十八号文書印紙税額
・預金通帳、貯金通帳、信託通帳、掛金通帳、保険料通帳1年ごとに200円
第十九号文書印紙税額
・消費貸借通帳、請負通帳、有価証券の預り通帳、金銭の受取通帳などの通帳1年ごとに400円
第二十号文書印紙税額
・判取帳1年ごとに4,000円

まとめ

以上のように印紙税は文書の種類と金額によって税額が定められています。領収書などの課税される文書を作成した際には参考にされてください。
上記のご説明等でご不明な点がございましたら、身近な専門家にご相談をされることをお勧めいたします。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。