「助成金」と「補助金」の違いについて解説します!
税務・財務


この記事の目次

1.助成金と補助金

「助成金」と「補助金」は共に融資とは異なり「返さなくていいお金」になります。 この二つには「返さなくていい」という共通点があるので、同じものだと認識されがちですが、実は全く違うものになります。

今回はその違いについて説明します。

①助成金

助成金の支給を受けるための「一定の条件を満たし、申請をすれば必ず支給を受けられる給付金」になります。研究開発に係る助成金もありますが、皆さんに身近な助成金としては雇用関係の助成金ではないでしょうか?
主な雇用関係の助成金については、以下のようなものがあります。

・キャリアアップ助成金
・65歳超雇用推進助成金
・中途採用等支援助成金



②補助金

期間内に応募して採択(審査に合格)されたら支給される給付金になります。

補助金については、まず応募を行うための書類をそろえることはもちろんのこと、その補助金の応募要件を満たしている必要があります。補助金には応募の期間が定められているため、その期間内に応募し、採択されなければ補助金を受けることができません。その審査によっては、せっかく資料を用意したにもかかわらず、審査を通らないことも少なくなく、補助金を受けることができない場合もあります。

しかし、補助金バブルが起きることもあります。

有名な補助金では、

・創業補助金
・ものづくり補助金
・IT補助金


などがあります。

2.助成金と補助金の申請

助成金、補助金共にご自身での申請が可能です。しかし、あなた自身で申請作業を行うには、調べるだけでも多くの時間を要してしますでしょう。そのため、「慣れない申請作業に時間を使うのであれば、専門家にお願いしたい」と考える方も多いかと思います。

①助成金

では、助成金の申請代行を行う機関はどこなのでしょうか?

労働関係の助成金の申請代行を行う資格として国から唯一認められているのが社会保険労務士です。

社会保険労務士についても、税理士と同様にそれぞれの先生で「強み」が異なります。そのため、助成金の申請代行を得意としている社会保険労務士であれば、あなたがどの助成金が受給できる可能性があり、その助成金の受給を受けるためにはどのような事が必要なのかサポートしてくれます。

なお、当事務所から助成金に強い社会保険労務士の先生をご紹介することもできます。

②補助金

雇用関係の給付金である助成金とは異なり、補助金の申請代行を行う機関は経営革新等支援機関(認定支援機関)になります。

経営革新等支援機関とは、中小企業が安心して経営相談等が受けられる様に、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る専門知識や実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関として位置づけられています。

3.注意点

助成金・補助金共に基本的に「雇用」や「経費の支払い」等を先に行う必要があります。

これから雇用を行うための賃金を先に欲しい、これから設備を購入するための資金が欲しいので助成金・補助金の支給を受けたいと考えていらっしゃる方が多いですが、これは誤った考えになります。あくまでも自己資金を先に支払いをした後に、助成金・補助金が支給される流れとなります。そのため、事前に自己資金を準備しておく必要があります。

また、助成金・補助金共に請求をしてすぐに入金されるわけではありません。数か月後に支払われるということが基本になります。そのため助成金・補助金を最大限に資金繰りの当てにすると事業の途中で資金がなくなる可能性があります。

4.まとめ

ざっくりとですが、助成金・補助金の特徴を挙げてみました。

具体的な申請方法は専門家に任せるのが確実です。しかし、助成金・補助金の申請をお願いする専門家が異なるため、どこにお願いすればよいのかは明確にしておくようにした方が良いでしょう。

また、どちらも支払いの後に入金になります。助成金・補助金を受ける前に無理のない資金繰り計画が必要となります。

「返さなくていいお金」はもちろん魅力ですが、助成金・補助金はあくまでも「補助的な入金」と考え、自己資金によって余裕のある資金繰り計画を行っていくようにしましょう。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。