入院をしたら確定申告!医療費控除の対象となるものは?
税務・財務


確定申告を行う本人と、本人と生計を一にする配偶者とその他親族のために支払った、1年間の医療費が10万円を超える場合、又は所得が200万円未満の人はその所得の5%を超える場合、確定申告をすることで所得税の減額である医療費控除を受けることが出来ます。
今回は医療費が高額になる場合が多い入院時の医療費について、医療費控除の対象となるものをご紹介致します。

この記事の目次

1.医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象に該当するかの判断の原則は、治療に必要である費用であることです。入院によって支払った医療費のうち、医療費控除の対象となるものとして、具体的には以下のような医療費が挙げることが出来ます

・治療代
・手術代
・入院代
・入院時に病院が提供をする食事代
・医師が用意したシーツやまくらカバー等のクリーニング代
・医師の指示による差額ベッド代
・医師の指示による医療器具の購入代
・入退院時の電車代、バス代
・自力で歩行困難な場合におけるタクシー代


2.医療費控除の対象とならないもの

医療費控除の対象とならないものとは、一般的に治療に必要と認められないものが該当をします。入院によって支払った医療費のうち、医療費控除の対象とならないものとして、具体的には以下のような治療費が挙げることが出来ます。

・手術時等における医師や看護師へのお礼代
・入院時に病院が提供をする食事以外の、売店等で購入した食事代
・入院時に必要なパジャマ等の衣類、洗面具等の用品代
・パジャマ等のクリーニング代
・入院時の散髪代
・入院時のテレビや冷蔵庫等の使用代
・付添人のベッド、食事代
・医師の指示以外の、自己都合による差額ベッド代
・医師の指示以外の、医療器具の購入代
・入退院時の自家用車のガソリン代、駐車場代、高速道路代
・自力で歩行可能な場合におけるタクシー代
・見舞に来た人のための電車代、バス代、タクシー代


3.入院給付金等の取り扱い

健康保険組合などから支払われる高額療養費や生命保険契約などの特約により支払われる入院費給付金などを受け取っている場合は、その金額を支払った医療費から差し引く必要があります。

入院に係る費用を補てんする入院給付金の額は、その給付の目的となった入院に係る医療費の額から差し引くことになっており、引ききれない金額が生じた場合であっても、他の医療費の額から差し引く必要はありません。

つまり、入院給付金等を受け取った場合は、入院給付金よりも医療費控除の対象となる支払った医療費が、10万円又は所得が200万円未満の人はその所得の5%を上回る金額であることが、医療費控除を利用出来る条件となります。

例えば所得が300万円の人が入院費として40万円、その他の医療費として20万円を1年間に支払い、入院給付金50万円を受け取った場合、入院給付金の対象となった入院費40万円は入院給付金50万円の方が上回るため、医療費控除として認められません。しかしその他の医療費は入院給付金の対象外の医療費であるため、入院費と入院給付金の差額の10万円を控除する必要が無く、20万円は医療費控除の対象となります。

4.まとめ

入院時の医療費について、医療費控除の対象となるもの、ならないものを具体的にご紹介致しました。 所得税が発生していて、1年間の医療費が10万円を超える場合、又は所得が200万円未満の人はその所得の5%を超える場合は、確定申告を行うことで所得税の減額をこの医療費控除で受けることが出来るため、多額に医療費を支払った年には忘れずに確認をしましょう。
過年度に医療費控除を失念してしまった場合にも、5年以内であれば還付申告が有効です。
ご不明な点がございましたら、身近な専門家に相談されることをお勧め致します。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。