個人事業主は必見!令和2年からは要注意!青色申告特別控除額と基礎控除額が変わる?
税務・財務


令和2年分の所得税確定申告より、青色申告控除額と基礎控除額が変わります。どのように変わるのか確認をしましょう。

この記事の目次

1.青色申告特別控除額

青色申告特別控除とは、不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営んでいる人が、これらの所得に係る取引を正規の簿記の原則により記帳している場合で、かつその正規の簿記の原則によって作成された損益計算書と貸借対照表を添付した確定申告書を期限内に提出する場合に認められる控除です。この控除を利用するために白色申告ではなく、青色申告を選択している個人事業主も多いことでしょう。
現行の青色申告特別控除額は65万円ですが、令和2年分の所得税確定申告より55万円となります。

2.基礎控除額

基礎控除とは他の所得控除のように一定の要件に該当する場合に控除するというものではなく、一律に適用されるものです。
現行の基礎控除額は一律で38万円ですが、令和2年分の所得税確定申告より納税者本人の合計所得金額が2,400万円以下の場合は48万円、2,400万円超2,450万円以下の場合は32万円、2,450万円超2,500万円以下の場合は16万円、2,450万円超2,500万円以下の場合は16万円、2,500万円超の場合は0円となります。

3.令和2年分以降も65万円の青色申告特別控除額を受ける方法

青色申告特別控除額は令和2年分の所得税確定申告より55万円となりますが、一定の条件を満たすと、引き続き65万円の控除を受けることが出来ます。

従来通りの青色申告特別控除を受ける条件に加えて、e-Taxによる申告又は電子帳簿保存を行うこと



e-Taxとは、申告などの国税に関する各種の手続について、インターネットを利用して電子的に手続が行えるシステムです。これを利用するためには、パソコン等の電子機器により確定申告書をデータで作成することと、またそのデータを送信するための準備が必要です。

送信をするためには、マイナンバーカードを取得し、そのマイナンバーカードを読み取るためのICカードリーダーライタやスマートフォンを用意します。確定申告書をデータで作成し、送信するための準備が整いましたら、国税庁ホームページの確定申告書等作成コーナーより確定申告書を電子的に提出します。

電子帳簿保存とは、一定の要件の下で帳簿を電子データのまま保存出来る制度です。この制度の適用を受けるためには、帳簿の電子データ保存を開始する日の3ヶ月前の日までに申請書を税務署に提出する必要があります。65万円の青色申告特別控除を受けるために必要な保存すべき帳簿は、その年中の事業に係る仕訳帳及び総勘定元帳です。

参考:国税庁HP「電子帳簿保存法関係」

令和2年分については、令和2年9月29日までに承認申請書を提出し、同年中に承認を受けて、同年12月31日までの間に、仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存を行うことで、65万円の青色申告特別控除を受けることが出来ます。

4.合計所得金額が2,400万円以下の場合は控除合計額を増やすことが出来る!

青色申告特別控除額は令和2年分の所得税確定申告より55万円となりますが、一定の条件を満たすと、引き続き65万円の控除を受けることが出来ます。更に基礎控除額は合計所得金額2,400万円以下の場合は48万円となるため、結果として10万円控除額を増やすことが出来ます。

5.まとめ

青色申告特別控除を引き続き65万円受けるためには、従来の手続きに加えてe-Taxによる申告又は電子帳簿保存を行うことが必要です。
少々手間のように感じるかもしれませんが、控除額が減るということは納税額が増えることと同意ですので、令和2年分からはe-Taxによる申告又は電子帳簿保存を行うと良いでしょう。

ご不明な点がございましたら、身近な専門家に相談されることをお勧め致します。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。