給料と賞与は何が違うの?所得税法から見る違いとは?
税務・財務


一般的に給料とは毎月定期的に支払われる労働対価のことであり、賞与とは給料とは別に数カ月に一回支払われる労働対価です。 給料と賞与に支給時期や金額の違いがあることは、勤務されている方は感覚的に想像がつくことでしょう。
今回は所得税法の観点から給料と賞与の違いをご紹介致します。

この記事の目次

1.所得税法上で定める賞与とは

給料と賞与は会社により呼称として何を指すかが異なりますが、所得税法上では何が賞与であるかは定められています。
所得税法上での賞与とは、定期の給料とは別に支払われる給料等で、賞与、ボーナス、夏期手当、年末手当、期末手当等の名目で支給されるものその他これらに類するものをいいます。

また給料等が賞与の性質を有するかどうか明らかでない場合、純益を基準として支給されるもの、あらかじめ支給額又は支給基準の定めのないもの等は賞与に該当するものとされています。

2.所得税法による源泉所得税の計算方法の違い

給料と賞与は支給時に源泉所得税が差し引かれますが、その計算方法が異なります。

①給料の場合

給料等を支払う際に源泉徴収をする所得税及び復興特別所得税の額は、給与所得の源泉徴収税額表(月額表及び日額表)を使って求めます。この税額表はその月の給料から社会保険料等を控除した後の金額に応じて定められている所得税額が一覧にされているものです。

給料が月ごとに支払うもの、半月ごと、10日ごとに支払うもの、月の整数倍の期間ごとに支払うものである場合に、月額表を使用します。月額表は給与所得者の扶養控除等申告書を提出している人に支払う給与については甲欄を、その他の人に支払う給与については乙欄を使って税額を求めます。

給料が毎日支払うもの、週ごとに支払うもの、日割で支払うもの、日雇賃金である場合に、日額表を使用します。日額表は支払う給与のうち毎日支払うもの、週ごとに支払うもの、日割で支払うものに給与所得者の扶養控除等申告書提出している人については甲欄を、その他の人に支払う給与については乙欄を、使って税額を求めます。日雇賃金については丙欄を使って税額を求めます。

②賞与の場合

賞与を支払う際に源泉徴収をする所得税及び復興特別所得税の額は、賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表を使って求めます。 この算出率の表は前月の給料から社会保険料等を控除した後の金額に応じて定められている所得税率が一覧にされているものです。 算出率の表のうち、給与所得者の扶養控除等申告書を提出している場合は甲欄、提出していない場合は乙欄を使用します。

算出率の表は月額表や日額表とは異なり所得税額ではなく所得税率が記載されているため、更に計算が必要となります。求めた所得税率を賞与から社会保険料等を控除した後の金額に乗じて、賞与の所得税額を求めます。
前月の給与の金額の10倍を超える賞与を支払う場合、前月に給与の支払がない場合は上記の方法ではなく、月額表を用いた別の計算方法があります。

3.所得税法では同じ給与所得

所得税法では所得は10種類に分類されてそれぞれ異なる計算方法で課税をされます。10種類の所得とは、給与所得、退職所得、事業所得、不動産所得、利子所得、配当所得、山林所得、譲渡所得、一時所得、雑所得をさします。

給料と賞与はこの10種類のうち給与所得に該当をします。支給時に差し引かれる源泉所得税の計算方法は異なるものの、年間の所得としては同じ種類に分類されるため、年末調整又は確定申告を行った後の年間の所得税については、労働対価を給料として受けても、賞与として受けても、差はありません。

4.まとめ

以上のように給料と賞与は支給時期や金額のみならず、所得税法において源泉所得税の計算方法に違いがあります。
上記の内容にご不明な点がございましたら、身近な専門家に相談されることをお勧め致します。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。