転職者は必見!年末調整に必要な源泉徴収票とは
税務・財務


1年間の間に転職し、新たな職場で年末を迎える人は、転職先の職場で年末調整を受けることになりますが、その年末調整を受ける際には、前職の職場で退職時に作成された源泉徴収票が必要となります。
今回は源泉徴収票とはどのような書類なのかご紹介致します。

この記事の目次

1.源泉徴収票とは

源泉徴収票とは、1年間のその職場で支給された給与や給与から差し引かれた社会保険料等を記載された、給与所得者にとっての収入証明書です。 1年間のその職場での収入証明書として、年末調整を行った後に受け取る場合が多いですが、退職時もその年の1月1日から退職日までに支給された給与や給与から差し引かれた社会保険料等の収入証明書として受け取ることが出来ます。

2.源泉徴収票の見方

源泉徴収票には様々な項目が載っていますが、注目すべき代表的な箇所について見方をご紹介致します。

①支払金額

1年間又は1月1日から退職日までの給与や賞与の額面金額が記載されています。一般的な年収とはこの支払金額に記載をされている金額をいいます。

②社会保険料等の金額

1年間又は1月1日から退職日までの給与から差し引かれた社会保険料等の総額が記載されています。この金額は源泉徴収税額算定上、支払金額から差し引きされています。

③控除対象配偶者、控除対象扶養親族

所得税法上の扶養親族の名前等が記載されています。ここに記載されている人数分の扶養控除を適用の上、源泉所得税額は算定されています。

④生命保険料の控除額、地震保険料の控除額、住宅借入金等特別控除の額

年末調整を会社で行った後に受け取る源泉徴収票には、各控除額が記載をされています。この控除額は生命保険料の金額の内訳等に記載されている実際の支払金額を基に計算をされています。この控除を適用の上、源泉所得税額は算定されています。

⑤源泉徴収税額

1年間又は1月1日から退職日までの給与から差し引かれた源泉所得税の総額が記載されています。

⑥中途就・退職

入社年、退社年に受け取る源泉徴収票には、その入社日、退社日が記載をされています。この記載により、源泉徴収票は転職者が前職の退職日の証明として提示することが出来る資料の一つとなっています。

3.前職の源泉徴収票が必要な理由

転職先の職場で年末調整を受ける際には、前職の職場で退職時に作成された源泉徴収票が必要となります。 年末調整とは従業員の1年間に支払うべき所得税の総決算です。
よって前職の職場で支給された給与や控除された社会保険料等と、転職先の職場で支給された給与や控除された社会保険料等を合算して所得税を計算しなくてはなりません。また転職先の職場では副業を禁止している等の理由により、前職の職場の退職の証明として退職日の記載された前職の職場が発行した源泉徴収票の提出を求められる場合もあります。

4.前職の職場から源泉徴収票を受取っていない場合

急な退職等の理由により、前職場から源泉徴収票を受取らずに転職をしてしまった場合等は、気が付いた時点で前職の職場から源泉徴収票を発行して貰うよう連絡をします。
何らかの事情で連絡がとれない等、源泉徴収票を受取れない場合には、転職先の職場で年末調整を受けることが出来ず、後日自身で確定申告を行う必要があります。

自身で確定申告を行う場合にも、源泉徴収票は必要になるため、前職の職場から源泉徴収票が受け取れない旨を税務署に相談し、源泉徴収票不交付の届出書を提出する必要があります。

5.まとめ

源泉徴収票についてご紹介致しました。会社で年末調整を受ける際には様々な書類の提出が必要ですが、前職の源泉徴収票は転職者にとっては、それが無いと年末調整そのものを受けられなくなってしまう重要な書類です。必ず受け取った際には保管するようにしましょう。
ご不明な点がございましたら、身近な専門家に相談されることをお勧め致します。

※関連記事:
『見落とさないで!産休中の妻は年末調整で控除対象配偶者になる‼』
『住宅ローンがある人の年末調整の仕方について』

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。