5月末期限!中小法人向け一時支援金とは?
税務・財務

一時支援金は新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の影響を受けた中小法人や個人事業主等に対して支給をされる補助金です。
今回はその支給対象者のうちのひとつである中小法人に支給をされる一時支援金についてご紹介致します。

この記事の目次

1.支給対象となる中小法人

一時支援金の支給対象となる中小法人とは、下記の①から③の要件全てに該当をする法人をいいます。

①2021年3月1日時点において、資本金の額又は出資の総額が10億円未満である法人、資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は常時使用する従業員の数が2,000人以下である法人のいずれかに該当をすること。

②2019年以前から事業を行っている法人であり、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響が顕在化する以前の2019年又は2020年の1月から3月までをその期間内に含む全ての事業年度、対象期間において事業収入があり、今後も事業を継続する意思があること。

③対象期間である2021年の1月から2月の期間内に、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響が顕在化する以前の2019年又は2020年の基準期間の同月と比べて緊急事態宣言の影響により事業収入が50%以上減少した月が存在すること。

2.支給対象外となる中小法人

一時支援金の支給対象外となる中小法人とは、下記の①から⑦のいずれかに該当をする法人をいいます。

①⼀時⽀援⾦の給付通知を受け取った法人
②国、法人税法別表第1に規定する公共法人
③⾵俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する性⾵俗関連特殊営業⼜は当該営業にかかる接客業務受託営業を行う法人 ④政治団体
⑤宗教上の組織又は団体
⑥地⽅公共団体による営業時間短縮要請に伴い新型コロナウイルス感染症対応地⽅創⽣臨時交付⾦を⽤いている協⼒⾦の⽀払対象となっている飲⾷店
⑦上記の他、⼀時⽀援⾦の趣旨や⽬的に照らして適当でないと中⼩企業庁⻑官が判断する法人


3.一時支援金の給付額

⼀時⽀援⾦の給付額は、60万円を超えない範囲で、2019年⼜は2020年の1月から3月までの事業収入から対象月の月間事業収入に3を乗じて得た額を差し引いたものです。

例えば2019年1月から3月の事業収入が各月120万円であり、2021年1月の事業収入が30万円であった場合には、2019年と比較をした2021年の同月の事業収入が50%以上減少していることから、一時支援金の支給対象となります。

この場合の給付額は、2019年1月から3月の事業収入額合計360万円から2021年1月の事業収入額の3倍である90万円を差し引いた240万円と計算がされますが、上限が60万円であることから、60万円が一時支援金の給付額となります。

4.一時支援金の申請手順

一時支援金の申請期限は2021年5月31日です。これまでの期間に申請を行う必要があります。

①申請要件に該当をするか確認をする
上記でご紹介しました支給要件に該当をするかを確認します。

②一時支援金の申請用ホームページにアクセスを行う
一時支援金の申請方法はホームページ上で行う電子申請です。申請IDの発行を行うことで、申請者用のマイページが作成されます。

③事前確認を行う
事前確認とは、一時支援金の不正受給や誤って受給してしまうことへの対応として、申請者が事業を実施しているのか、一時支援金の給付対象等を正しく理解しているか等について、登録認定機関から確認を受けることです。
一時支援金の事務局が登録した登録確認機関は、原則として、インターネットを利用したテレビ会議又は対面で帳簿等の事務局が定めた書類の有無や宣誓内容に関する質疑応答等の形式的な確認を行います。

申請者は登録認定機関を選定し、事前確認の依頼の旨の連絡を行います。事前確認には、下記の書類が必要です。

・履歴事項全部証明書、本人確認書類
・収受日付印の付いた2019年1月から3月及び2020年1月3月までをその期間に含む全ての確定申告書の控え
・2019年1月から2021年対象月までの各月の売上台帳、請求書等の帳簿書類
・2019年1月以降の事業の取引を記録している通帳
・一時支援金の申請用ホームページからダウンロードをし、代表者が自著した宣誓、同意書


④宣誓、同意事項のチェック
一時支援金の給付を受けた後も事業を継続する意思があること等、宣誓、同意事項の内容を全て確認した上で、各項目にチェックを入れます。

⑤申請情報の入力
法人番号や法人名等の基本情報、事業収入の減少要件を満たす売上内容、一時支援金を受け取るための金融機関の口座情報を入力します。

⑥必要書類の添付
必要書類を申請用ホームページに添付をします。添付データはPDF、JPG、PNGのいずれかに対応をしており、スマートフォン等で撮影した画像も内容が鮮明に確認出来るものであれば書類として認められます。
具体的な必要書類は次の5にてご紹介致します。

⑦申請を行う
上記①から⑥の作業の後に、申請用ホームページより申請を行うことが出来ます。申請内容について一時支援金の事務局にて確認が行われ、申請内容に不備等が無ければ、確認完了後、事務局名義にて申請された銀⾏⼝座に一時支援金が振り込まれます。
確認が終了した際には、一時支援金が給付される場合には給付通知、不給付の場合には不給付通知が発送されます。

5.中小法人の必要書類

中小法人が一時支援金の申請に必要となる書類とは、下記の全てをいいます。

①確定申告書類
確定申告書別表一の控え、法人事業概況説明書の控えの両面の1年度当たり3枚の書類が必要です。
それぞれ2019年1⽉から同年3月までと、2020年1⽉から同年3⽉までをその期間内に含む全ての事業年度の提出が必要です。よって最低計6枚が必要です。
また。確定申告書別表一の控えには、収受日付印が押印されている、又はe-Taxにより申告した場合は、受付日時が印字されている必要があります。

②確定申告書類の受信通知
上記の確定申告書をe-Taxによって提出をしている場合には、確定申告書の有効性の提示のために受信通知の添付が必要です。2019年1⽉から同年3月までと、2020年1⽉から同年3⽉までをその期間内に含む全ての事業年度の提出が必要であることから、最低2枚が必要です。 確定申告書をe-Tax以外によって提出をしている場合には、収受日付印等でその確定申告書の有効性を確認することが出来るため、受信通知は不要です。

③2021年分の対象月の売上台帳等
売上台帳、帳⾯その他の対象⽉の属する事業年度の確定申告の基礎となる書類を原則とし、対象⽉、⽇付、商品名、販売先、取引⾦額、合計⾦額等が記載されている書類であれば書式は問われません。

③履歴事項全部証明書
申請時から3ヶ月以内に発行
をされた履歴事項全部証明書が必要です。履歴事項全部証明書は法務局のホームページによりオンラインで取得することが出来ます。

④通帳の写し
法人名義の通帳の写しが必要であり、⾦融機関名、⽀店番号、⽀店名、⼝座種別、⼝座番号、⼝座名義⼈が確認できるようスキャン又は撮影をし、添付します。

⑤宣誓、同意書
代表者本人が自著を行った宣誓、同意書を添付します。

⑥⼀時⽀援⾦に係る取引先情報⼀覧
申請用ホームページよりダウンロードをした取引先情報一覧の書式に、2019年から2021年の各1月から3月における顧客情報について連絡先等を記載し、添付します。

6.まとめ

中小法人が受け取ることの出来る一時支援金についてご紹介致しました。この支援金の申請は法人での手続きのみならず、登録認定機関の関与が必要であるため、余裕を持ったスケジュールでの対応が望ましいです。
一時支援金の申請をご検討されている方は、お早めに身近な専門家に相談されることをお勧め致します。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。