いまさら聞けない!テレワークって何?
税務・財務


新型コロナウイルス感染症の影響や、働き方改革の一環で、テレワークの導入が企業の急務となり、多くの人がテレワークにより就業をしています。
今回は多くの人が就業し、また報道等でも耳にする機会の多い、テレワークとは何かについて、ご紹介致します。

この記事の目次

1.テレワークとは

テレワークを端的にいうと、情報通信技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方をいいます。離れた場所、を意味するteleと、働く、を意味するworkをあわせた造語です。

あらかじめ定められた勤務場所や固定された勤務時間で働く従来の働き方に対して、情報通信技術を活用しながら働く場所と時間を働く人が柔軟に選べるようにした働き方です。

働く場所や時間を働く人が柔軟に選べることは、企業にとっては従業員の育児や介護による離職を防ぐことが出来る、遠隔地の優秀な人材を雇用することが出来る、災害時に事業が継続出来る等、働く人にとっては就業時間や通勤時間を短縮出来る、勤務場所や時間について裁量を持つことが出来る等、双方にとってメリットのあるものです。

2.就業形態からみるテレワークの種類

テレワークという言葉から真っ先に思い浮かぶのは、在宅で就労し、勤務先への通勤を行わない形態での就業でしょう。しかしこの形態のみならず、様々な就業形態がテレワークに該当をします。

①在宅勤務

企業等に雇用されて行うテレワークのひとつです。最も多くの人がテレワークという言葉から想定する形態で、企画や人事、総務等、これまであらかじめ決められた勤務場所を中心として仕事をする人達のテレワークです。

仕事の内容に合わせ、勤務先の就労場所のデスクに限らず、自宅において、その仕事を遂行する上で適切な場所と時間を自由に使った柔軟な働き方です。

②モバイル勤務

企業等に雇用されて行うテレワークのひとつです。外勤型テレワークとは、営業マンやサービスマンなど、あらかじめ定められた勤務場所以外の場所を中心に情報通信技術を活用して仕事をするテレワークです。

外勤中にノート型パソコン等の携帯情報端末を利用して、就労場所との連絡や情報のやりとりをしつつ仕事をする形態が外勤型テレワークです。書類の作成やメールの受発信などを、自宅や立ち寄り型のオフィス、駅や空港、列車の中、顧客先のオフィスといった多様な場所で行う働き方で、一般にモバイル勤務と呼ばれています。

③通勤困難型テレワーク

企業等に雇用されて行うテレワークのひとつです。通勤が困難な身体的障害のある人や、育児、介護等を抱えている人が、在宅勤務を中心として仕事をする形態のテレワークです。

④自営型テレワーク

企業等に雇用されずに情報通信技術を活用して場所と時間を自由に使った働き方をしている個人事業者や個人に近い小規模事業者のことです。

3.実施頻度からみるテレワークの種類

テレワークは実施頻度からも分類をすることが出来ます。

①常時テレワーク

就業日のほとんどにおいてテレワークを実施する形態を常時テレワークと言います。テレワークを行う頻度や時間が、あらかじめ決められた勤務場所での勤務頻度や時間に比べて多いようであれば、常時テレワークといえます。

②随時テレワーク

テレワークを行う頻度や時間が、週1、2回、月に数回、あるいは午前中だけ、午後だけといったように、あらかじめ決められた勤務場所での勤務頻度や時間に比べて少ない場合、随時テレワークといいます。

4.まとめ

上記のように、テレワークとは在宅勤務のみならず、様々な形態での情報通信技術を活用した働き方をいいます。 テレワークの活用方法や導入方法、またテレワークの導入にあたり資金繰りや補助金等について、ご不明な点がございましたら、身近な専門家に相談されることをお勧め致します。

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。