税務調査の下調べとは ? わかっていれば怖くない「税務調査事前対策」
税務・財務


この記事の目次
突然、無予告調査でやってくることもある「税務調査」
税務調査前に下調べはされているのか…税務調査は怖いものなのか…
税務調査の今さら聞けない「気になる点」を解説していきます。

そもそも税務調査って… ? という方は以前掲載した下記記事をご参照ください。

参照 : そもそも税務調査ってなに ? 税理士が基礎から徹底解説 !

調査官は税務調査の前にどのような下調べをしてくるのでしょうか ?


税務署で税務調査先に選んだからといって、調査官が何も準備せずに税務調査に臨むわけではありません。多くの会社がある中で、わざわざ税務調査先に選んだわけですから、税務調査で調べたい事項があるのです。

税務調査の前にまず調査官がやっていることは、申告書など提出した資料を細かくチェックすることです。やはり、提出した書類・資料が大事だというわけです。これだけで調査官の事前準備は終わりません。
税務調査の前に、内観調査と外観調査が行われるケースもあります。

■ 内観調査とは ?
内偵調査とも呼ばれるもので、特に現金商売の事業者に行われる。

内観調査では主に、客数や客単価、従業員数、出前があるかどうかの確認の他に、現金の動きをチェックされます。

※内観調査「2つの注意点」
(1)レジを商品などを打たずに現金箱のように扱う
(2)内観調査で支払った現金が、税務調査の時にどこにあるのか調べられる

まずは(1)ですが、これは要注意です。
レジを商品などを打たずに現金箱のように扱っていると「これでどうやって正しく売上を把握しているんだ ? 」と事前に疑われる可能性が大です。

(2)ですが、これも注意が必要です。
調査官は内観調査で支払った1万円札に目印をつけて支払いをし、税務調査のときにその1万円札を調べるのです。現金商売では、レジから売上のお金を抜く社長も多くいるのでそこまでチェックしています。

普段から現金の取り扱いはきちんとする



では、事前に外観調査が行われる時はどこをチェックされているのでしょうか ?


■ 外観調査とは ?
その言葉通り、外から見られていることです。

店舗を営んでいると、外から客数を数えていたりします。また、社長の自宅をチェックされることもあります。これは社長の生活状況をつかむことが 目的ですが、会社の資産になっている車が自宅に置かれていないかどうかも見られているのです。

最近では調査官が会社のホームページは当然ながら、社長の個人ブログをチェックしたり、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアも見られている可能性が高いです。税務調査の連絡が入ったときだけではなく、税務署に疑われるようなネット上の書きこみは控えるべきでしょう。
(平成25年8月掲載:この記事は掲載時点の法令等に基づいて記述しております。)

日頃から疑われるようなネット上の書き込みは控える


それでは、税務調査は怖いものなのでしょうか ?


社長同士で飲みに行くと、たまに税務調査で「痛い目にあった」話で盛り上がますね。「真面目に会社をやっているだけなのに、多額の追徴を持って行かれた ! 」こんな経験談を聞くことが、税務調査のイメージが悪くなる理由の1つですね。

痛い目にあったのは、その会社が税金を少なくするなどの悪いことをしていたり、税務調査での対応が悪かったりすることがほとんどです。正しい対応方法さえ知っておけば、ほとんどの税務調査で嫌な思いをすることはないのです。
よくある大きな勘違いは、「税務調査=マルサ」ではありません。
税務調査は「国税調査官」が行っているもので、「マルサ=国税査察官」が行っているものとはまったく違うのです。

マルサ(査察官)が行うのは「強制調査」と呼ばれるものです。脱税など問題がない限り、マルサが入ることはまずありません。

会社が受ける普通の税務調査は、「任意調査」と呼ばれています。あくまでも税務署が「調査したいです」と言って、社長が「はい、いいですよ」と了解するから実施できるのが税務調査です。「ガサ入れ」のような行為はないので、心配することはありません。

その他税務調査に関することは以前掲載した下記記事をご参照ください。


参照 : 税務調査のポイントまとめ ! 事前通知から当日の流れまでを詳細解説

参照 : 税務調査は春の方が有利 ? ! 税務署の組織の特徴から読み解く税務調査の実態

参照 : 税務調査の調査官にはノルマがある ? ! 税務署の組織理論と調査官の役割について解説

参照 : 税務調査で指摘を受けないために ! 外注費と給与の判断ポイントを税理士が徹底解説

参照 : 税務調査の頻度と遡られる期間の実態について税理士が徹底解説 !

記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。