資金調達方法とメリット・デメリット
税務・財務


この記事の目次

資金調達について

事業の立ち上げから運営、拡大していくためには、事業資金が欠かせません。資金調達とは企業活動に必要な資金を、外部から調達することです。事業の発展・継続するためのお金が足りない場合は資金調達を行い、必要な資金を補填します。今回は、どのようなで目的で、どんな資金調達方法があるのかを解説していきます。

資金調達の目的

資金調達が必要となる代表的な事例は、記載の通りです。

①創業資金…事業を開業するために必要となる資金です。
②運転資金…事業を継続していくための様々な資金です。具体的には原材料の仕入や固定費などがございます。
③設備資金…事業を拡大するために取得する設備に対する資金です。機械装置の購入や不動産の取得などに要します。


代表的な資金調達方法

資金調達にはさまざまな手段がありますが、ここでは代表的な手段についてご紹介します。

1.融資

資金調達としては最初に思いつくのが銀行などからの「融資」ではないでしょうか。「融資」とは返済することを前提に資金を借り入れる方法です。融資金が入金された後は、基本的には、契約当初に定められた期間の中で、元金の返済と利息を支払います。
毎月定額で返済を進めていくのが一般的ですが、金融機関の条件によっては、一定期間の返済の猶予などがございます。

<融資のメリット>
・借入限度額が大きい。
・厳しい融資の審査が通れば、社会的信頼や信用につながる。

<融資のデメリット>
・審査が厳しく、時間がかかるケースがある。
・不動産などを担保の提示を求められる場合がある。


2.ファクタリング

ファクタリングとは、回収期限前の売掛債権を売却して、期日前に早期に現金化する方法です。ファクタリングの利用には手数料などのコストが発生します。融資とは異なり、担保や保証人は不要です。ファクタリングで審査されるのは売掛先のため、創業して間もない事業者でも利用でき、経営状況や財務の良し悪しによらず資金調達できる可能性が高いのが特徴です。

<ファクタリングのメリット>
・借入金ではないので、負債が増えない。
・審査が比較的通りやすい。

<ファクタリングのデメリット>
・手数料が高い場合がある。
・過度な依存は、資金繰りを悪化させる危険性がある。

3.補助金

補助金は、事業者のサポートのために自治体または民間団体が支給するお金で、基本的には返済不要です。事業主が所定の資料を準備して申請を行い、審査を通過すると補助金が入金されます。自治体などによって補助金にはさまざまな種類がありますので、補助金ポータルサイトなどを活用して調べてみるとよいでしょう。

<補助金のメリット>
・返済が不要である。
・企業の信用力や収益性などはあまり問われない。

<補助金のデメリット>
・期間が定められているため、自由なタイミングで資金調達できるわけではない。
・補助金に充てられる経費や費用が限定されている場合がある。
・需給までに日数が必要となることもあり、資金繰りに注意する必要がある。


記事のキーワード*クリックすると関連記事が表示されます

メルマガ登録(毎週水曜配信)

SHARES LABの最新情報に加え、
経営に役立つ法制度の改正時事情報などをお送りします。