月額費用ゼロ!中小企業向け専門家スポット相談サービス|SHARES(シェアーズ)
0120-697-206
サポート受付:平日9:30-18:00

弥生会計から会計データを登録する

手順
STEP.1 登録する会計データを準備する
弥生会計を開き、「集計」>「残高試算表」>「年間推移」を開きます。
その状態で、[ファイル]→[エクスポート]をクリックします。
ポップアップウィンドウで、出力帳票を「残高試算表(年間推移)、書式を「汎用形式」、区切り文字を「カンマCSV形式」、出力する部門を「事業所(合計)」、出力対象を「貸借対照表」と「損益計算書」とします。 このとき、拡張子(最後の3文字)がtxtとなっていることを確認します。
STEP.2 会計データをSHARESに取り込む
マイページ内の「会計データ登録」ボタンをクリックします。
「弥生会計CSVファイル」タブをクリックします。

「ファイルを選択」をクリックし、先ほど保存した弥生会計エクスポートデータを選びます。
登録する会計データの「期数」と「月」を入力します。
従業員数と、各チェック項目を選択し、「データを登録する」ボタンをクリックします。
チェック項目は、選択した内容をSHARES AI(人工知能)が学習しますので、正確な情報を選択してください。

※源泉所得税の納付期限には「毎月納付」と「納期の特例」の2種類があります。
源泉所得税の「納期の特例」とは、給与の支給人員が常時9人以下の場合、「納期の特例」申請によって源泉徴収した所得税及び復興特別所得税を半年分まとめて納めることができます。
STEP.3 登録結果を確認する
売上と利益のグラフが出たら、登録完了です。
また分析の結果、AIナビゲーターとして、様々な御社独自の情報が通知されますので、是非ご確認ください。
また、最新データをアップロードすると再度最新のデータに基づいた分析が可能です。
会計データを更新したタイミングでSHARESにも登録していただければと思います。
何かお困りのことがありましたら事務局までご連絡ください。
エラーメッセージがでて登録ができないなど、何かお困りではありませんか?
事務局にご相談ください。弥生会計のデータ登録のサポートを行っております。

その他の会計ソフトから登録方法はこちらをご確認ください。