三村小松山縣法律事務所

お問合わせ(面談予約)
電話番号を表示する

ビジネスをストップさせないスピード感のある法務サポート
〜ベンチャー企業・中小企業の各種書面作成・修正,各種法律問題の相談窓口〜

3つの特徴

Features

  • 1
    特徴 1

    企業に特化した実績

    上場企業や中小企業の顧問弁護士も務めておりますので,契約書作成・チェックはもちろん,企業において生じる日常的な問題についても日々取り組んでおります。安心してお任せください。

  • 2
    特徴 2

    ビジネスを意識した迅速性

    一般的に「士業は対応が遅い」と言われていますが,ビジネスの現場ではスピード感は命です。比較的若手の弁護士ならではの機動力と迅速対応で,ビジネスを停滞させません。

  • 3
    特徴 3

    一番身近な弁護士相談窓口

    知人に弁護士がいることと,実際に些細なことでも聞ける弁護士がいることは違います。「こんなことを聞いていいのか」と考える前に,まずは聞いてみることができる,相談しやすい弁護士相談窓口になります。

事業内容

Business outline

依頼項目一覧

Request List

法務

リーガルチェック

秘密保持契約書 業務委託契約書 売買契約書 利用規約 業務提携契約書 請負契約書 金銭消費貸借証書 システム開発委託契約書 顧問契約書 ストックオプション割当契約書 プライバシーポリシー その他契約書

契約書作成

秘密保持契約書 業務委託契約書 売買契約書 土地不動産売買契約書 利用規約 請負契約書 業務提携契約書 金銭消費貸借証書 システム開発委託契約書 顧問契約書 ストックオプション割当契約書 プライバシーポリシー その他契約書

債権回収

債権回収

その他

その他のご相談 顧問弁護士を探す

知財

特許・知的財産権

権利侵害 著作権に関する相談

労務

就業規則・契約書作成

雇用契約書作成 各種規程作成

労働トラブル

残業代請求・労基署対策 社員とのトラブル対応 解雇・退職のトラブル その他

経営

セミナー・勉強会

講師派遣

お客様の声

Voice

急なチェック依頼でしたが、とても迅速にご対応いただき大変助かりました。
ありがとうございました。
細かい点も配慮していただき、スムーズなやりとりで助かりました。
いつも迅速に、また説明も丁寧でわかりやすく、色々と対応していただきました。
ありがとうございました。
素晴らしい対応をありがとうございました。ぜひまたお願いしたいです。
この度はありがとうございました。
こういったものを弁護士さんに依頼するのは初めてでしたが、安心してやりとりができました。とても感謝しています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

※ 「お客様の声」はSHARESでの相談完了時に依頼者が入力したコメントをそのまま表示しています

概要/アクセス

Access

事務所名

三村小松山縣法律事務所


住所

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12サピアタワー8階

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-7-12
サピアタワー8階

プロフィール

Profile

氏名

田邉 幸太郎 (たなべ こうたろう)

資格
弁護士(登録番号51338)
最終学歴 慶應義塾大学大学院法務研究科
略歴および実績

【略歴】
2011年3月 明治大学法学部法律学科 卒業
2013年3月 慶應義塾大学大学院法務研究科 卒業
2013年9月 司法試験 合格
2014年12月 弁護士登録(第二東京弁護士会)

【所属団体等】
著作権法学会
知的財産管理技能士会(一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務))
Arts and Law
弁護士知財ネット

【主な取扱分野】
訴訟・交渉対応
企業法務全般(各種契約,労務,賠償問題など)
知的財産法務(特許法、著作権法、商標法、不正競争防止法等)

【外部研修講師テーマ】
・契約実務
・損害賠償実務
・知的財産法(特許,商標,意匠,著作権)
・労働者派遣法
・下請法
・景品表示法

ホームページ https://mktlaw.jp/
自己紹介

初めまして。
東京都で弁護士をしております,田邉と申します。
企業法務(各種契約,労務,賠償問題など),コンプライアンス業務,知的財産法務(著作権,商標権を中心にコンテンツビジネス法務を含む。)を重点的に取り扱っております。
とりわけ,各種コンテンツビジネス法務については,自身がアニメをはじめとするコンテンツに傾倒していることもあり,クリエイターへの強いリスペクトをもって臨んでいます。

日々,様々な企業や個人事業主様とやり取りをさせていただいておりますが,その中で,「何か1つでも私に依頼していただいたということの付加価値をつける」ということを意識しております。
その付加価値がどのようなものかはご依頼者様により様々です。
緊急で対応しなければ間に合わないという案件を抱えている方であれば,迅速なレスポンスが何よりも重要でしょうし,新規ビジネスを立ち上げようとしている方であれば,「●●というリスクがあります」という紋切り回答ではなく,ではどうすればリスクを減らせるのか,グレーゾーンをどこまで法解釈的にグレーでなくせるのかという提案や打ち合わせが付加価値になるやもしれません。
そういった付加価値を何か1つでも感じていただけるように,業務に取り組んでおります。

まずはお気軽にご相談ください。

田邉 幸太郎
(たなべ こうたろう)

- 資格 -

弁護士

(51338)

- 最終学歴 -

慶應義塾大学大学院法務研究科

- 略歴および実績 -

【略歴】
2011年3月 明治大学法学部法律学科 卒業
2013年3月 慶應義塾大学大学院法務研究科 卒業
2013年9月 司法試験 合格
2014年12月 弁護士登録(第二東京弁護士会)

【所属団体等】
著作権法学会
知的財産管理技能士会(一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務))
Arts and Law
弁護士知財ネット

【主な取扱分野】
訴訟・交渉対応
企業法務全般(各種契約,労務,賠償問題など)
知的財産法務(特許法、著作権法、商標法、不正競争防止法等)

【外部研修講師テーマ】
・契約実務
・損害賠償実務
・知的財産法(特許,商標,意匠,著作権)
・労働者派遣法
・下請法
・景品表示法

- ホームページ -

https://mktlaw.jp/

初めまして。
東京都で弁護士をしております,田邉と申します。
企業法務(各種契約,労務,賠償問題など),コンプライアンス業務,知的財産法務(著作権,商標権を中心にコンテンツビジネス法務を含む。)を重点的に取り扱っております。
とりわけ,各種コンテンツビジネス法務については,自身がアニメをはじめとするコンテンツに傾倒していることもあり,クリエイターへの強いリスペクトをもって臨んでいます。

日々,様々な企業や個人事業主様とやり取りをさせていただいておりますが,その中で,「何か1つでも私に依頼していただいたということの付加価値をつける」ということを意識しております。
その付加価値がどのようなものかはご依頼者様により様々です。
緊急で対応しなければ間に合わないという案件を抱えている方であれば,迅速なレスポンスが何よりも重要でしょうし,新規ビジネスを立ち上げようとしている方であれば,「●●というリスクがあります」という紋切り回答ではなく,ではどうすればリスクを減らせるのか,グレーゾーンをどこまで法解釈的にグレーでなくせるのかという提案や打ち合わせが付加価値になるやもしれません。
そういった付加価値を何か1つでも感じていただけるように,業務に取り組んでおります。

まずはお気軽にご相談ください。