村田社会保険労務士事務所

お問合わせ(面談予約)
電話番号を表示する

小規模会社のモンスター社員解決社労士
月100万円の損失?モンスターからあなたの会社と社員を守ります。

3つの特徴

Features

  • 1
    特徴 1

    経験と反省

    モンスター社員に対峙する辛さも、自らが反抗するモンスターになってしてしまう辛さもわかるからこそ、お互いにとってのベストを探せます。

  • 2
    特徴 2

    産業カウンセラーとしての対応

    産業カウンセラーとして、104時間の傾聴訓練を積んでおります。法的な側面だけではなく、心理学やカウンセリングの観点からもアドバイスできます。

  • 3
    特徴 3

    助成金の利用もOK

    「顧問契約をする費用」の問題を助成金で解決しませんか?助成金を上手く使うことで、コストをかけずにモンスター社員対策ができます。

事業内容

Business outline

依頼項目一覧

Request List

労務

就業規則・契約書作成

就業規則見直し 就業規則作成 就業規則のマイナンバー対応 雇用契約書作成 育児休業制度の導入 各種規程作成 労使協定書(36協定)作成 就業規則診断

社会保険手続き

新規加入 産休・育休の申請 入退社手続 算定基礎届 月額変更届 その他変更

労働保険手続き

新規加入 入退社手続 年度更新 産休・育休の申請 その他変更

助成金(雇用関係)

助成金診断 ストレスチェック助成金の申請 トライアル雇用奨励金の申請 障がい者トライアル雇用奨励金の申請 キャリアアップ助成金の申請 人材開発支援助成金の申請 両立支援等助成金の申請 雇用助成金の申請

労働トラブル

残業代請求・労基署対策 社員とのトラブル対応 労働トラブル防止対策 募集・採用のトラブル 解雇・退職のトラブル 労災のトラブル その他

その他

給与計算代行 顧問契約

料金表

Price List

安心の顧問契約 モンスター社員対策は時に長期にわたって実行をしなければいけません。月額の顧問契約により貴社の問題にじっくり取り組みます。顧問契約には、当事務所が力を入れているモンスター社員対策のアドバイスをもちろん含んでおります。モンスター社員の問題が解決するまでの契約でも結構です。

会社の社員数
1名~5名 15,000円
6名~20名 30,000円
21名~50名 50,000円(50名以上は応相談)

※ 顧問契約に含まれるもの
1. 入退社時の各種手続き(労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金)加入や喪失の手続き
2. 労働法・社会保険法に対する相談
3. 労災事故時などの申請手続き
4. 社会保険の算定基礎届、月額変更届
5. 出産や傷病などの社会保険手続き
6. 傷病手当金や育児休業給付金など各種給付金の請求
7. 従業員の労務に対しての相談(トラブル防止のためのアドバイス)
8. 雇用契約書・労働契約者など社内人事書式のチェック
9. 36協定の作成届出
10. 求人、採用に関わるアドバイス
11. 法改正のお知らせ
12. 安全衛生法関係手続き
13. 各社会保険の保険料の変更のお知らせ
14. 助成金の提案
15. 他士業(弁護士、税理士、司法書士、行政書士など)の紹介
16. 賞与支払届の作成
17. 社内ルールの制定
18. 行政機関の調査立会

従業員向けコンサルティング 6,000円/1時間
就業規則作成 150,000円
賃金規程作成 100,000円
助成金コンサルティング 助成金額の15%
労働保険年度更新 顧問契約の1ヶ月分
社会保険算定処理 顧問契約の1ヶ月分
トラブルにならない就業規則作成 小規模の会社や店舗で、モンスター社員への対策として、一番最初に取り組むべきことは就業規則の作成・改訂です。
どこかからダウンロードした就業規則のひな形をそのまま使っていませんか?
就業規則を見直すポイントについては、顧問契約に関わらず、無料でご相談を受けさせていただきます。

顧問契約を行っている場合
就業規則の作成 150,000円
(既にある就業規則の改定) 100,000円

顧問契約を行っていない場合
就業規則の作成 300,000円
(既にある就業規則の改定) 150,000円
モンスター社員を育てない!社内コミュニケーションセミナーの開催 社員をモンスターに育てないために、社員同士のコミュニケーションの取り方、褒め方叱り方を中心にレクチャーするセミナー講師をお引き受けします。顧問契約がなくても結構です。

こちらで2時間程度のセミナーひな形をご用意しておりますが、貴社の希望する内容・時間に合わせて変更することが可能です。ひな形のセミナーを実施する場合、30,000円/2時間からお受けいたします。
安心の顧問契約
モンスター社員対策は時に長期にわたって実行をしなければいけません。月額の顧問契約により貴社の問題にじっくり取り組みます。顧問契約には、当事務所が力を入れているモンスター社員対策のアドバイスをもちろん含んでおります。モンスター社員の問題が解決するまでの契約でも結構です。

会社の社員数
1名~5名 15,000円
6名~20名 30,000円
21名~50名 50,000円(50名以上は応相談)

※ 顧問契約に含まれるもの
1. 入退社時の各種手続き(労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金)加入や喪失の手続き
2. 労働法・社会保険法に対する相談
3. 労災事故時などの申請手続き
4. 社会保険の算定基礎届、月額変更届
5. 出産や傷病などの社会保険手続き
6. 傷病手当金や育児休業給付金など各種給付金の請求
7. 従業員の労務に対しての相談(トラブル防止のためのアドバイス)
8. 雇用契約書・労働契約者など社内人事書式のチェック
9. 36協定の作成届出
10. 求人、採用に関わるアドバイス
11. 法改正のお知らせ
12. 安全衛生法関係手続き
13. 各社会保険の保険料の変更のお知らせ
14. 助成金の提案
15. 他士業(弁護士、税理士、司法書士、行政書士など)の紹介
16. 賞与支払届の作成
17. 社内ルールの制定
18. 行政機関の調査立会

従業員向けコンサルティング 6,000円/1時間
就業規則作成 150,000円
賃金規程作成 100,000円
助成金コンサルティング 助成金額の15%
労働保険年度更新 顧問契約の1ヶ月分
社会保険算定処理 顧問契約の1ヶ月分
トラブルにならない就業規則作成
小規模の会社や店舗で、モンスター社員への対策として、一番最初に取り組むべきことは就業規則の作成・改訂です。
どこかからダウンロードした就業規則のひな形をそのまま使っていませんか?
就業規則を見直すポイントについては、顧問契約に関わらず、無料でご相談を受けさせていただきます。

顧問契約を行っている場合
就業規則の作成 150,000円
(既にある就業規則の改定) 100,000円

顧問契約を行っていない場合
就業規則の作成 300,000円
(既にある就業規則の改定) 150,000円
モンスター社員を育てない!社内コミュニケーションセミナーの開催
社員をモンスターに育てないために、社員同士のコミュニケーションの取り方、褒め方叱り方を中心にレクチャーするセミナー講師をお引き受けします。顧問契約がなくても結構です。

こちらで2時間程度のセミナーひな形をご用意しておりますが、貴社の希望する内容・時間に合わせて変更することが可能です。ひな形のセミナーを実施する場合、30,000円/2時間からお受けいたします。

概要/アクセス

Access

事務所名

村田社会保険労務士事務所


住所

〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1アルカセントラル14階

〒130-0013
東京都墨田区錦糸1-2-1
アルカセントラル14階

プロフィール

Profile

氏名

村田 淳 (むらた あつし)

資格
社会保険労務士(登録番号13080356)
最終学歴 早稲田大学 商学部
略歴および実績

早稲田大学商学部卒業。
旅行会社、パソコンパーツメーカーの営業を経て、ワークスアプリケーションズに入社。
15年間で100社近い顧客に対して、労務管理や給与計算のコンサルティングや給与計算のアウトソーシングサービスに従事した。
独立後は、管理職時代にモンスター社員に対峙した経験、また自らが特定の社員に対して「モンスター化」していた過去の反省から、モンスター社員対策に力を入れた活動を展開中。100時間超のカウンセラー傾聴訓練を積み、日本メンタルヘルス協会基礎コースを修了。労働法と心理学の両面からモンスター社員対策のアドバイスを行っている。

ホームページ https://www.shares.ai/site/muratasr
自己紹介

社会保険労務士の村田と申します。
現在、私は「モンスター社員解決社労士」を自称して活動を行っています。

【なぜそんなことをしているかと言うと…】

独立後、中小企業の経営者の方から、「こんな問題社員がいる」という悩みをたくさん聞くようになりました。
昨今の人手不足の状況から、藁をも掴む思いで採用したら、藁ではなく会社を沈める重りだった、というケースは珍しくありません。

こんな話を聞きながら、私は2つのことを思い出しました。

1つは、管理職時代に対応に苦労した部下のこと。当時、私の管理職としての時間のほとんどはその部下のために使われ、会社にいなくても、その言動に腹立ちや悲しさが心から離れず、相当なストレスを抱えていました。

もう1つは、ある社員に対してひどく反抗をしていた時のこと。彼から見れば、私がモンスターでした。今思えば、それは子どものような嫉妬以外の何物でもありません。しかし、自分でそれが立ち振る舞いとして良くないとわかっていても、反抗を止めることはできませんでした。

どの時代もとても辛いものでした。会社員時代でさえ辛いのだから、経営者の方の辛さは想像に難くありません。私が社労士として一番に解決したい問題なのです。

そこで社労士としての活動と並行してカウンセリングの訓練と心理学の研究を行いました。
現在は、時には社労士として労働法に基づいて毅然と立ち向かい、時にはカウンセラーとして問題社員の心理に寄り添いながら、モンスター社員の問題の解決に力を注いでいます。

【これから何を目指しているかと言うと…】

モンスター社員を成長させない会社にするためには、経営者と社員が協力してその土壌を作る必要があります。
その土壌を作るのは、「カウンセラーマインド」ではないかと私は考えています。

「カウンセラーマインド」とは、相手に対して共感的理解を示すことです。言い換えれば、相手の感情に配慮したコミュニケーションを取る、と言うことです。

カウンセラーになるには訓練が必要ですが、カウンセラーマインドを持つことはそれほど難しいことではありません。いたずらに人を刺激しない、モンスターに成長させない話し方やコミュニケーション手法を社内で維持することが、長期的な対策としては大事です。

「報・連・相」と言えば、日本のビジネスマンなら誰でも聞いたことがあるフレーズです。
ビジネスマナーとして日本の会社に定着をしています。

同じように、「カウンセラーマインド」をビジネスマナーとして日本に広めたい、というのが私のビジョンです。
そうなれば、自然とモンスター社員は日本から去っていき、経営者は安心して経営に集中できて、従業員は会社でもっと活き活きと働くことができるはずです。
私はこのビジョンを実現するまで、この活動を続けてまいります。

村田 淳
(むらた あつし)

- 資格 -

社会保険労務士

(13080356)

- 最終学歴 -

早稲田大学 商学部

- 略歴および実績 -

早稲田大学商学部卒業。
旅行会社、パソコンパーツメーカーの営業を経て、ワークスアプリケーションズに入社。
15年間で100社近い顧客に対して、労務管理や給与計算のコンサルティングや給与計算のアウトソーシングサービスに従事した。
独立後は、管理職時代にモンスター社員に対峙した経験、また自らが特定の社員に対して「モンスター化」していた過去の反省から、モンスター社員対策に力を入れた活動を展開中。100時間超のカウンセラー傾聴訓練を積み、日本メンタルヘルス協会基礎コースを修了。労働法と心理学の両面からモンスター社員対策のアドバイスを行っている。

- ホームページ -

https://www.shares.ai/site/muratasr

社会保険労務士の村田と申します。
現在、私は「モンスター社員解決社労士」を自称して活動を行っています。

【なぜそんなことをしているかと言うと…】

独立後、中小企業の経営者の方から、「こんな問題社員がいる」という悩みをたくさん聞くようになりました。
昨今の人手不足の状況から、藁をも掴む思いで採用したら、藁ではなく会社を沈める重りだった、というケースは珍しくありません。

こんな話を聞きながら、私は2つのことを思い出しました。

1つは、管理職時代に対応に苦労した部下のこと。当時、私の管理職としての時間のほとんどはその部下のために使われ、会社にいなくても、その言動に腹立ちや悲しさが心から離れず、相当なストレスを抱えていました。

もう1つは、ある社員に対してひどく反抗をしていた時のこと。彼から見れば、私がモンスターでした。今思えば、それは子どものような嫉妬以外の何物でもありません。しかし、自分でそれが立ち振る舞いとして良くないとわかっていても、反抗を止めることはできませんでした。

どの時代もとても辛いものでした。会社員時代でさえ辛いのだから、経営者の方の辛さは想像に難くありません。私が社労士として一番に解決したい問題なのです。

そこで社労士としての活動と並行してカウンセリングの訓練と心理学の研究を行いました。
現在は、時には社労士として労働法に基づいて毅然と立ち向かい、時にはカウンセラーとして問題社員の心理に寄り添いながら、モンスター社員の問題の解決に力を注いでいます。

【これから何を目指しているかと言うと…】

モンスター社員を成長させない会社にするためには、経営者と社員が協力してその土壌を作る必要があります。
その土壌を作るのは、「カウンセラーマインド」ではないかと私は考えています。

「カウンセラーマインド」とは、相手に対して共感的理解を示すことです。言い換えれば、相手の感情に配慮したコミュニケーションを取る、と言うことです。

カウンセラーになるには訓練が必要ですが、カウンセラーマインドを持つことはそれほど難しいことではありません。いたずらに人を刺激しない、モンスターに成長させない話し方やコミュニケーション手法を社内で維持することが、長期的な対策としては大事です。

「報・連・相」と言えば、日本のビジネスマンなら誰でも聞いたことがあるフレーズです。
ビジネスマナーとして日本の会社に定着をしています。

同じように、「カウンセラーマインド」をビジネスマナーとして日本に広めたい、というのが私のビジョンです。
そうなれば、自然とモンスター社員は日本から去っていき、経営者は安心して経営に集中できて、従業員は会社でもっと活き活きと働くことができるはずです。
私はこのビジョンを実現するまで、この活動を続けてまいります。